空席確認・予約する

いつでもお気軽にお問い合わせください。
当日ご予約受け付けてます。
ネットからのご予約は24時間受け付けております。

極細ハイライトとハイライトの見え方の違い

こんにちはヘアカラーマスターBelead恵比寿のMAKIです。

ヘアカラーにハイライトを入れる時に悩むのが、ハイライトの太さ。
太く入れるか細く入れるかで仕上がりの違いも出てきます。
それそれの特徴を説明しながら違いを見ていきたいと思います。

【太めハイライト場合】

メリット
・コントラストがつけやすい
・動きが出やすい
・少ない枚数でもOK

デメリット
・派手に見えがち

【極細ハイライトの場合】


メリット
・ナチュラルな仕上がり
・馴染む
・髪全体を明るく見せる効果がある

デメリット
・見えずらい
・たくさん入れる必要がある

このようにそれぞれメリット・デメリットありますが、共通して言える事は「オシャレヘア」に見える事です。
ハイライトを考えている方は是非参考にしてくださいね!

MAKIの空席確認・予約をする

MAKI

MAKI

『ヘアカラーはライフスタイルの必需品』をモットーにサロンワークを中心に活動。また、カラー剤の監修・開発に関わり、薬剤を知り尽くしているスペシャリスト。カットはもちろんのこと、ヘアカラーの理論も業界でもトップクラス。注目は白髪染めのテクニック、独自の調合で明るい白髪染めも可能にします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

髪が細くて柔らかい方にはボリュームカラーがオススメ

たくさん入れたハイライト、カットしたら無くなる?

ヘアカラーで顔周りのデザインは「ミランダライツ」

おすすめ記事
PAGE TOP

空席確認・予約する

いつでもお気軽にお問い合わせください。
当日ご予約受け付けてます。
ネットからのご予約は24時間受け付けております。

03-6427-1166